代々木駅前のマッサージ・指圧ならクリーンケアにお任せください。

どのような症状? - 坐骨神経痛

どのような症状? - 坐骨神経痛

HOME > どのような症状? > 坐骨神経痛

どのような症状でお悩みですか?

坐骨神経痛

坐骨神経は、5個ある腰椎の下位及び、仙骨の上位から出る神経(第4、5腰神経と第1~3仙骨神経)が束になり、
ズボンの後ポケットの下辺り(大殿筋や梨状筋)を通り、大腿後面中央を下行し、
膝裏の少し上で二本の神経(脛骨神経と総腓骨神経)に分かれ、脛とふくらはぎへ至ります。
末梢神経の中で最も太く、鉛筆ほどの太さです。

症状

    お尻や大腿後面、ふくらはぎの外側、足の甲などにしびれる様な痛みが走ります。
    仰向けになった状態で、痛い方の足を上げようとすると、痛みが一層強くなります。
    また、椎間板ヘルニアの場合などでは、下肢の痛みやしびれの他、
    感覚障害や、腱反射の減弱、重症になると、足の力がどんどん落ち(筋力低下)、尿意、便意が弱くなるもしくは無くなります。

原因
  • 椎間板ヘルニア

    ヘルニアの意味は「はみでる」です。
    背骨は、独立したブロック状の骨が集まってできており、それぞれの骨は、椎間板というクッションによって柔軟に保たれています。
    お饅頭を想像を想像するとわかりやすいでしょう。
    椎間板の外側は「繊維輪」という硬い「お饅頭の皮」で覆われ、中に「お饅頭のあん」に相当するゼリー状の「髄核」が入っています。
    椎間板は腰椎と腰椎の間に挟まれていますが、何らかの理由で、繊維輪から髄核がはみでて、それが神経にさわると、
    坐骨神経痛を引き起こします。
    坐骨神経痛の原因としてはもっとも多く、全ての年齢層で発症しますが、特に20~40歳代に多くみられます。

  • 梨状筋症候群

    坐骨神経は骨盤を出た後、梨状筋の下を通過します。
    若年層に多くみられる症状で坐骨神経が絞扼(筋肉や腱に挟まれること)されると、お尻や足に痛みや痺れがはしります。

  • 脊椎分離症、すべり症

    脊椎分離症は、もともとまっすぐ積み上がっている腰椎の一部が、前(椎体)と後(椎弓)の間で分離してしまう症状です。
    脊椎すべり症は、腰椎が前方に「スベル」状態をいいます。
    分離とすべりが同時に起きると、脊椎分離すべり症になります。
    このように変形した腰椎の一部が、一緒に走行している坐骨神経を刺激し、坐骨神経痛を引き起こすことがあります。
    脊椎分離症やすべり症による坐骨神経痛は、若いスポーツ選手に多く見られます。
    ただし、加齢により関節にすべりを起こす椎骨変性すべり症では、ほとんどの場合、閉経後の50~60歳代の女性に発症します。

  • 脊柱管狭窄症

    背骨の神経の通り道である脊柱管が、骨、靭帯などの変性によって狭くなり、神経を圧迫するのが、脊柱管狭窄症です。
    この脊柱管狭窄症が腰部で発症すると、坐骨神経痛を引き起こします。
    脊柱管狭窄症の特長は、間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

    間歇性跛行:長時間歩くと、足にだるさや痛みをおぼえ歩けなくなるのですが、前かがみの姿勢でしばらく休息すると、
    また歩けるようになる症状です。
    脊柱管狭窄症の場合は、上体を後ろに反らせると痛みが増します。
    脊柱管狭窄症でも自転車に乗れるのは、乗っている姿勢が前かがみだからです。
    骨、靭帯などの変性は加齢によるものがほとんどのため、高齢者に多いのが脊柱管狭窄症です。

  • 変形性脊椎症

    脊椎の老化現象です。
    加齢とともに、脊椎や椎間板が変化し、椎間板の変形、椎骨の骨棘形成(椎体の後ろ側に「トゲ」ができること)などにより、
    脊髄が圧迫され、血行、循環障害で坐骨神経痛を引き起こします。
    広い意味では脊柱管狭窄症も含み、高齢者に起こる疾患です。

  • 骨粗鬆症

    骨粗鬆症とは加齢に伴い、骨量が減った状態をいいます。
    骨粗鬆症による椎体の圧迫骨折などは、坐骨神経痛の原因になります。

治療内容

以下のような流れで治療を進めます。

  1. 1.問診

    初回の問診時に原因、症状、今までの治療内容などを細かく伺い、治療方針を立てます。
    (2回目以降は、症状の改善状況を確認します。)

  2. 2.はり治療

    坐骨神経痛の原因に合わせて、筋緊張の緩和、血行改善、神経痛緩和を目的に、痛みの部位を考慮しながら具体的症状に合わせて治療。

  3. 3.治療後の確認

    次回の治療までの注意事項の確認。

病院での継続治療について

はり治療は新たに薬を使うわけではないので、病院の坐骨神経痛の治療と平行することに問題はありません。

椎間板ヘルニアが原因で坐骨神経痛に悩まされており、
病院で手術を勧められている場合について

足に力が全く入らない場合や尿意が全く無い場合を除き、手術の緊急性はあまり高くありません。
数回のはり治療で痛みが緩和する場合もありますので、ご相談ください。

治療期間

坐骨神経痛の治療期間は症状により様々で一概に言えません。
1回の治療で効果が現れることもありますが、週1回の治療で1ヵ月をすぎてから効果が現れる場合もあります。
平均すると週1回の治療で2ヶ月前後です。
ただし、痛みの強い急性期には連続した治療が必要です。

どのような症状?の目次へ戻る