代々木駅前のマッサージ・指圧ならクリーンケアにお任せください。

どのような症状? - 頭痛

どのような症状? - 頭痛

HOME > どのような症状? > 頭痛

どのような症状でお悩みですか?

頭痛

ひと口に「頭痛」といってもいくつかのタイプがあり、対処法もそれぞれ異なるので頭痛のタイプの識別は、とても重要です。
指圧・マッサージ・はりの治療効果があるのは、器質的原因(脳や筋・骨などの形状の異常)の認められない、いわゆる慢性頭痛(機能性頭痛)です。

緊張型頭痛(非拍動性頭痛)

緊張型頭痛は、慢性頭痛(機能性頭痛)のなかで多くみられる症状で、肩頚の筋肉が緊張し続け疲労し、血液循環が滞ることによって発症します。
指圧・マッサージ・はりによって血行を促進することにより、改善がみられます。

症状
  • 締めつけられるような鈍い痛み
  • 後頭部から首筋にかけて、また、頭の両側が痛む
  • 肩や頚のこり、眼の疲れやめまいなどの症状をともなう
原因
  • 筋肉の疲労・緊張をもたらす、以下のような要因
  • 長時間にわたる、同じ姿勢の維持
  • ゆがんだ姿勢からくる筋肉の過剰負担
  • 長時間のパソコン使用などによる眼精疲労
  • 対人関係や仕事などにともなう精神的ストレス
治療・対処法
  • 指圧・はりなどで頚部、肩部、腕などの筋肉のこりをほぐし、血流を促進する。
  • 身体を温め、ゆっくりと軽いストレッチを行うこうとも効果的です。
片頭痛(拍動性頭痛)

頭部の血管の拡張と炎症によって発症します。

症状
  • ズキンズキンと、脈拍とともに痛む
  • 頭の片側または両側が痛む
  • 吐き気を伴うことも
  • 星がチカチカ、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじの張りなどの前駆症状
  • 体をすこし動かしただけでも痛みが強くなる
原因
  • 筋肉の疲労・緊張をもたらす、以下のような要因
  • 睡眠不足
  • 雑踏・人ごみ
  • 熱いお風呂、サウナ
  • 月経前の、女性ホルモンが不足した状態
  • アルコールや特定の食品
治療・対処法
  • 拡張した血管を収縮させるため、痛む箇所をコールドパックなどで冷やす
  • 痛みのもととなる拡張した血管を圧迫し、過剰な血流を緩和する
  • お茶(カフェイン)など、血管収縮作用のあるものをとる

[注意]
温めたり、マッサージなどによって痛む箇所の血管を拡張させるのは、逆効果です。
頭痛が起きていないときの治療が重要です。当院に、症状を詳しくご説明ください。

群発頭痛

群発地震のように、ある時期に集中して、反復的に起こる激しい頭痛です。

症状
  • 眼の奥から前頭部、側頭部にかけての激しい頭痛
  • 持続時間は1~2時間、ある期間毎日のように決まった時間に起こる
  • 夜間に頭痛発作が起こりやすい
  • 星がチカチカ、視野が欠ける、生あくび、肩こり、首すじの張りなどの前駆症状
  • 眼の充血、涙目、眼瞼下垂、鼻水などの自律神経症状をともなう
原因
  • 内頚動脈、頭部血管、三叉神経、視床下部が関わっている可能性が高いが、現状は不明
治療・対処法
  • 群発期前の予防薬服用
  • 鎮痛剤
  • 100%酸素吸入が有効な場合も(市販の酸素スプレーとは異なる)
  • 群発期はアルコールを避ける
その他、危険な頭痛

頭痛の中には、生命の危険に関わるものがあります。たかが頭痛、ではありません。
次のような症状は、深刻である可能性があります。早急に専門の医療機関へかかってください。

症状
  • 今まで経験したことがない強烈な頭痛
  • 突然の激しい頭痛
  • 早朝に起こる
  • 日を追うごとにひどくなる
  • 1週間以上続く
  • ものが二重に見える、ものが見えなくなる
  • 麻痺やしびれ、けいれんなどをともなう
  • 意識が不明瞭になったり、意味不明なことを口走ったりする
  • ろれつが回らない
  • 痴呆症状をともなう
  • めまいや吐き気をともなう
  • 高熱をともなう

どのような症状?の目次へ戻る